私の実家は岐南町でデザイナーズハウスと言われる一軒家に住んでいます。

そのため作りも非常に趣向を凝らしていて、家の中に隠れ部屋風のロフトが設置されていますし、外にはウッドデッキがあるので自宅でオープンカフェを楽しむことも出来ます。

一応家の範囲内なので洗濯物を干す時には、靴を脱いでわざわざ外に出る必要もありません。

その上家の作りがコの字型になっていて、長辺側の両サイドどちらからでも洗濯物を干すことも出来るのが便利です。

他には電動で棚が降りたりしますし、ジェットバスも完備されています。

電気はオール電化で、余った電気を電力会社に売ることだって可能です。

しかし弱点は、電気の量が足りないとお風呂に入ることが出来ない点です。

これさえなければ本当に快適です。

私はもう実家を出ているのでそんなに戻ることはありませんが、正直羨ましいと思います。

でもおかげさまで、いつか私も岐南町でマイホームを持ちたいと言う希望になりました。

私の実家が笠松町で家を建てた時に、一番驚いたことがその照明を取り付ける料金だと言っていました。何でも家全体に取り付けるとなると、思っていた以上に量も多くなって料金がかさんでいくのだそうです。幸いにも祖父が笠松町で電気工事の会社を経営していたので、工賃も無料で照明機器の額も半値程度になったようです。

それでも50万円ほど必要だったらしく、もし祖父が電気屋でなかった場合には照明機器だけで倍以上はかかってしまい、その上作業工賃まで上乗せで必要だと言っていました。

それでも高いと思ってしまいますが、照明に関しては拘っていたので致し方の無い部分もあったように思います。

間接照明は各部屋に設置していて、リビングにも蛍光灯の様な物は置いていません。いくつものLEDが一斉に食卓を取り囲む部屋全体を照らしているのです。正直私は煌々とした部屋が好きなので、ああいうムード感漂うオシャレな部屋は苦手ですが来客の反応は非常に良いようです。

間接照明とは一言に言っても取り付けるには金銭的に苦労するようです。

私は現在、美濃加茂市の賃貸住宅に住んでいるのですが、毎月のガス代の請求が高いと感じてしまいます。

明らかに電気の方が使用する場面も多いのに、食事やお風呂でしか使っていないガスの方が高いのは変です。

美濃加茂市に限らず、世の中オール電化の傾向が強まるのも正直無理はないと思っています。

そこで、なぜガス代が高いのかということを調べてみました。

ガス代に関しては、当然家主と業者間で契約されています。

しかし業者が高い料金を請求したとしても、当然家主には関係がないので口を挟むことはしません。美濃加茂市で新築を建てる場合は別ですが、賃貸住宅だとそうなってしまうのです。

それにガスを設置する時の機器もリースすることが出来るので、それを始めに無料にするのだそうです。

その回収に住居者が負担を強いられているのだそうです。

もちろん住居者から家主に文句を言うケースはほとんどないでしょうし、他と競合する必要もないのです。

そうした理由からガス料金は破格のお値段となってしまっているようなのです。

対策としては、まず相場を調べることが前提ですが管理会社を通して家主に直接意見することや、住居人の署名を集める必要があるようなのです。

放っておいても、そのままなので一度試してみる価値はあるかもしれません。

前回と同様、坂祝町で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。坂祝町で新築か中古住宅を買う際の価格について出るであろう意見としては、若い時は新築がよかったが、年をとると別に中古でもよかったと思うようになるのではという意見です。確かに、若い時は、とにかく住宅=新築というイメージがあるのかと思います。それは、住宅メーカーの策略といいますか、とにかく住宅=新築という考えが日本には根強いのかなと思います。そして、多くは実際に坂祝町で新築で家を建てるのですが、やはりローンが厳しいという現実もでてきます。そうなると、年をとったときに、よく考えるとあの時は特に中古を検討することなく新築を購入してしまったと考えてしまうこともあるのではないかと思います。そういう意味では、やはり価格的にメリットの多い中古を最初から選んでおけばよかったという人もいるのではと思います。ただ、もちろんその逆も然りで、坂祝町でとんでもない中古物件を選んでしまって後悔している人がいるのも事実ですけどね。

前回と同様、可児市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。可児市で新築か中古住宅を買う際の価格について出るであろう意見としては、住宅という資産を考えると、やはり住宅は土地重視となり、その中でも広い中古を買うのが価格的によいという意見です。確かに、どこの土地の物件を買うかは重要です。資産的にいうなら、もし駅近くなら、その物件を手放すときもそれなりの値段がつくからです。郊外の場合、その値段は資産としてはあまり大きくならないでしょう。また、家の大きさも、なるべく大きい家を買ったほうが資産価値が高いというのもいうまでもありません。即ち、ある程度の土地に、ある程度の広さの家を買うというのが中古を買う上でよい選択となります。これを新築で達成することももちろん可能なのですが、例えば駅近くに土地を買い、そこに広い家を建てようと思うと、やはり金銭的な問題でそれを現実的に考えられる人は圧倒的に少ないのでは思います。

前回と同様、あま市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。あま市で中古住宅か新築を買う際の価格について出るであろう意見としては、やはり将来設計を考えると、中古にしても新築にしても、リフォームやリノベーションが必ず必要になるから、なるべく価格を低くすることでそれを可能にしたい、なので中古を買うのが妥当ではという意見です。家を買う人の多くは子供が居るかと思います。大体が、子供がきっかけにその住んでいた賃貸に狭さを感じ、家の購入を検討することが多いと思います。そして、家を建て、住んでいくと、子供もどんどん成長していき、部屋が足りなかったり、共通部屋でなく小部屋がほしいというような問題が必ず発生してくると思います。例えば、あま市で家を買った当時は、兄弟一緒の部屋を使うことを想定したので、ある程度の広さの部屋を兄弟で使っていたが、中学生くらいになるとそれも物足りなくなるといった感じです。この場合、当然リノベが必要となってきます。次回もこれの続きを書きます。

前回と同様、清須市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。前回は、将来設計を考えると、清須市で中古住宅を買うにしても新築にしても、リフォームやリノベーションが必ず必要になるから、なるべく価格を低くすることでそれを可能にしたいということを書きましたが、その続きを書きます。子供が大きくなると、高い確率で個別の部屋を作るというリノベーションが発生するかと思います。その時、ポンとお金を出してリノベーションすることはできるでしょうか。できるならもちろんいいのですが、新築を買ったことで月々の支払いに苦労しすぎてしまうと、このようなお金をねん出することも難しいことがあるのではないでしょうか。このような時、やはり最初に中古を購入するというのも手だと思います。清須市で中古なら、値段は新築と比べてもちろん安いからです。このように、将来を見据えて中古を購入するというのもありなのではないでしょうか。もちろん、新築を余裕で買えるお金があるのなら新築でも構わないですけどね。

前回と同様、北名古屋市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。やはり、北名古屋市で新築する場合、ポイントはお金ではないかと思います。そりゃだれもが新築で、立地のよいところに広くておしゃれで設備のいい家を建てたいと思うでしょう。そのような家が大体住宅展示場に並んでおり、どうしてもそのような家をイメージしてしまうこともあるからです。そこで、いろいろ検討すると、やはり現実的にはお金が、ということとなり、初めて中古が選択肢に出てきます。そして、北名古屋市内の中古住宅について勉強し、新築にするか中古にするかの最終決断をすることとなります。いろいろな比較材料がありますが、やはりここでも決めてはお金だと思います。現在の貯金、月々の支払、そして将来のリフォームやリノベーションに対する貯金、このようなことを考慮し、それでも生活をしていけるのであれば新築、それが難しいのであれば中古というような結論となるのではないでしょうか。すなわち、お金のことをよく考えてそれを決断していけばよいのかなと思います。

前回と同様、一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き中古を購入する人が思う意見を挙げていきましょう。まず、最終的に中古を買った人も、本当は、欲を言えば新築がほしいという意見です。そりゃ、金額的に可能であり、たくさんお金をもっているのなら、わざわざ中古を買う人はいないでしょう。みんな予算と相談し、結果やむなく中古を選択しているのだと思います。また、住宅ローンに追われて夫婦共働きにでることで、子育てが疎かになるようなことはしたくないというのも中古を購入する理由としてはありなのかなと思います。実際は、中古と新築はローンが異なり、ローンのほうが金利が高いことが多いですが、何といっても借入額も中古のほうが少なく、家の値段も当然新築より中古のほうが安いため、これらが結果的に家計を圧迫しない理由となっているのではないでしょうか。とはいえ、やはり中古を買っても新築にあこがれてしまいますね。