住宅という資産を考える(可児市の場合)

前回と同様、可児市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。可児市で新築か中古住宅を買う際の価格について出るであろう意見としては、住宅という資産を考えると、やはり住宅は土地重視となり、その中でも広い中古を買うのが価格的によいという意見です。確かに、どこの土地の物件を買うかは重要です。資産的にいうなら、もし駅近くなら、その物件を手放すときもそれなりの値段がつくからです。郊外の場合、その値段は資産としてはあまり大きくならないでしょう。また、家の大きさも、なるべく大きい家を買ったほうが資産価値が高いというのもいうまでもありません。即ち、ある程度の土地に、ある程度の広さの家を買うというのが中古を買う上でよい選択となります。これを新築で達成することももちろん可能なのですが、例えば駅近くに土地を買い、そこに広い家を建てようと思うと、やはり金銭的な問題でそれを現実的に考えられる人は圧倒的に少ないのでは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です