欲を言えば新築がほしい

前回と同様、一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き中古を購入する人が思う意見を挙げていきましょう。まず、最終的に中古を買った人も、本当は、欲を言えば新築がほしいという意見です。そりゃ、金額的に可能であり、たくさんお金をもっているのなら、わざわざ中古を買う人はいないでしょう。みんな予算と相談し、結果やむなく中古を選択しているのだと思います。また、住宅ローンに追われて夫婦共働きにでることで、子育てが疎かになるようなことはしたくないというのも中古を購入する理由としてはありなのかなと思います。実際は、中古と新築はローンが異なり、ローンのほうが金利が高いことが多いですが、何といっても借入額も中古のほうが少なく、家の値段も当然新築より中古のほうが安いため、これらが結果的に家計を圧迫しない理由となっているのではないでしょうか。とはいえ、やはり中古を買っても新築にあこがれてしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です